がん免疫細胞療法(がん免疫治療)
次世代のがん治療法として研究が進められ、
急速に普及しつつある免疫細胞療法。
この副作用の少ない「やさしい治療」は
いま最も注目されている最先端医療の1つです。


金沢先進医学センター内の個別化医療センターでは
この分野において、国内でも屈指の実績を誇る
金沢大学大学院医学系研究科や潟<fィネットとの連携により
がん免疫細胞療法を、広く提供できるようになりました。
個別化医療センターの大きな柱です。

  • がん免疫細胞療法
  • 最先端医療
  • 個別化医療センター


がん免疫細胞療法(がん免疫治療)とは

 手術、抗がん剤、放射線治療。がんの三大治療といわれるこれらの治療法は医学の進歩により大きく発展を遂げてきました。しかし、がんという病気は治療が難しく、しかも治療によってはその副作用により、身体が大きくダメージを受けてしまう疾患であることは、残念ながら変わっていません。
 免疫細胞療法は、がんを攻撃する働きをもつ「免疫細胞」を体外に取り出し、その働きを強化したのちに再び身体に戻すという最先端の細胞医療です。自らの細胞を使うため副作用が少なく、QOL(quality of life:生活の質)を維持しながらの治療が可能なため、進行がんの方に対しても適応可能です。
 また、従来の三大治療法などと競合せず積極的な併用が可能で、根治手術後の再発予防効果や、放射線治療や化学療法との併用による相乗効果も報告されており、今後の治療法開発が期待されています。

がん免疫・細胞治療・採血・投与・免疫細胞・分離・培養・活性化・増殖・洗浄・回収・がんの三大治療法・外科療法・放射線療法・化学療法・併用による・相乗効果・免疫細胞療法
免疫細胞療法は
がん治療の「第四の選択肢」としてはもちろんのこと複数の治療を戦略的に組み合わせて行なう『集学的治療の一翼を担う』 治療です。




このページトップへ