免疫細胞療法の種類
患者さま一人ひとりに合わせて、最適な治療方法をお選びします。
活性化自己リンパ球療法

 がんに対する免疫力の中心であるリンパ球を体の外に取り出し、強力な活性化刺激を加えて活性化・増殖させて治療に用います。
 がんの種類や特徴にあわせて、治療法を選択します。

アルファ・ベータT細胞療法(αβT細胞療法)
 患者さまから採取した血液からリンパ球を分離し、その中に含まれるαβT細胞を選択的に活性化・増殖させて体内に戻す治療法です。
ガンマ・デルタT細胞療法(γδT細胞療法)
 リンパ球の中に数%しか含まれないγδT細胞を、最新の技術により選択的に活性化・増殖させて治療に用います。がんの種類や病状によってはアルファ・ベータT細胞療法よりも治療効果が期待できる新しい治療法です。
CTL療法
 主としてがん性腹膜炎、胸膜炎などで採取された遊離のがん細胞が得られるときに、これを用いて培養リンパ球を刺激することで、患者さまご自身のがん細胞を特異的に攻撃するTリンパ球(細胞傷害性Tリンパ球;CTL)を増やします。


樹状細胞ワクチン療法(DCワクチン療法)

 樹状細胞(DC)とは白血球の1つで、Tリンパ球にがんの目印となる抗原を伝え、がんを攻撃するように指令をだす細胞です。手術で切除した患者さまご自身のがん組織や、人工的に作製したがん抗原を取り込ませた樹状細胞を皮下(皮内)へ注射、あるいは樹状細胞を患者さまのがんの場所に直接注入する方法も行っています。


  • がん免疫細胞療法



このページトップへ